土浦スピリチュアルサロン GOYO 08078359811

幸せな未来を引き寄せる 【レイキティーチャー 】ケンドーコマツ

レイキは誰でも出来る!


f:id:grapplinglife1976:20171029181256j:image

 

レイキが生まれる以前にも、昔はお釈迦様やイエス・キリストの手当て・手かざしに見られました。

 

聖人や徳の高い人が、手による癒しを行うことは知られていました。

 

おそらく、この様な手法は世界中のどの時代にもあったはずです。

 

日本でも、神道修験道などによって手当て療法が実践されていたようです。

 

しかし、レイキ・靈氣は

【誰でも生まれつき持っている力】

という認識を確立した世界初のものでした。

 

特別な訓練や才能がなく、凡人でも誰でも、そういった自然な気が手から出て、それが療法として使えるということは、信じられない事かもしれません。

 

信じがたい事なので、それまで誰も気がつかなかったのでしょう。

 

レイキ=靈氣は、臼井甕男(ウスイミカオ 1865-1926)氏が、1922年に京都の鞍馬山にて断食修行を行なった帰りに偶然見つけました。

 

その存在に気がつき「心身改善臼井靈氣療法」という名で実践してゆきました。

 

臼井霊気療法学会も設立されました。

 

霊気は当時から宗教的なものとは、関係がありません。

 

 

「霊」という漢字は、現代の人にとっては幽霊のようにおどろおどろしく感じられます。

 

しかし実際には、霊峰、霊水、霊泉、霊薬、霊長、霊鳥など「不思議な力を持った」「神秘的な素晴らしい」という良い意味で使われています。

 

「霊気」というのは「目に見えない不思議な力を持ったエネルギー」という意味になります。